• 株式会社ちふれ化粧品
  • 株式会社スズキトラスト
  • 株式会社タムラ製作所
  • 株式会社光未来
  • 綾花
  • ジャパン・オーガニック株式会社

CLUBクラブ紹介

プロフィール

1985年埼玉県狭山市で「狭山市地域少年団 アゼリアFC」の地域少女チームとして活動を開始。1991年、12歳以上の女子チーム「ASエルフェンFC」として独立。埼玉県リーグ、関東リーグ、全日本選手権出場を経て、2002年から日本女子サッカーリーグに加盟し、名称を「ASエルフェン狭山FC」に変更。2010年、なでしこリーグ1部昇格。2014年、狭山市を基盤とし、県内全域に活動の場を拡げるため、名称を「ASエルフェン埼玉」に変更。翌2015年、2部降格。2016年、ネーミングライツにより、名称を「ちふれASエルフェン埼玉」に名称変更。その年、入れ替え戦で勝利し、1部昇格。2017年、入れ替え戦敗退により、2部降格。2019シーズンはチームの運営会社となった株式会社エルフェンスポーツクラブの下、1部昇格を目指して戦う。

スローガン

『変革 2019』

昨シーズンから作り上げたベースに新戦力を加え、1部で戦える準備をクラブ一丸となって進めます。
クラブ体制の強化など全体のベースアップを図り、これまで以上にパートナー様、サポーターの皆様、地域の皆様の期待に応えるべく闘います。

ビジョン

  • ちふれASエルフェン埼玉は、選手が能力を発揮し、活躍できる環境づくりを推進し、女性アスリートの地位向上を目指します。
  • ちふれASエルフェン埼玉は、地域の皆様と共に歩み、応援したくなるサッカーチームを目指します。
  • ちふれASエルフェン埼玉は、なでしこリーグで常に1部に定着しタイトルを争うチームを目指します。

エルフェン発祥の地:狭山市

狭山市は、武蔵野台地の豊かな入間川の恵みを受けて、住みよい住宅都市として、 また県下有数の工業都市として大きく発展してきました。
狭山市といえば、「色は静岡、香りは宇治よ、味は狭山でとどめさす」と茶摘み歌にもうたわれる 「狭山茶」と、関東三大七夕祭りですが、 狭山稲荷山公園と智光山公園は桜の名所として有名で、商工祭や農業まつりなど 市内各所で催されるお祭りは多くの人で賑わい、 冬場の狭山市駅前イルミネーションは人気スポットです。
その他にも名所、景観、イベントなど、狭山市は魅力が満載です。

チームは市内スポーツ少年団「狭山アゼィリアFC(少女部)」としてスタートしたことから、チーム名の「AS」は、前身である「アゼィリアFC」の「A」と、「狭山・埼玉・西部」の「S」を組み合わせたものです。
狭山市とはエルフェン発祥の地・また下部組織の活動拠点として連携を深めております。

チーム活動拠点:飯能市

飯能市は都心からおよそ50㎞。埼玉県の南西部に位置する豊かな自然と清流に恵まれた“水と緑”のまちです。
緑あふれる自然は、ハイキングや公園・水辺でのアクティビティのほか、子育てや余暇生活にも充実した環境です。
都心から一番近い森林文化都市は、遊びも暮らしも生き生きとした魅力にあふれています。
飯能市とはエルフェンのチーム活動拠点として連携を深めております。

ホームタウン:日高市

日高市は首都近郊に位置しながら、手軽に山登りが楽しめる日和田山や、秋になると500万本の曼珠沙華が咲き誇る巾着田など、豊かな自然が広がるまちです。これらの自然と一体となって、高麗郷古民家(国登録有形文化財)は農村の原風景を創り出し、訪れる人の心をなごませてくれています。

TOPパートナー

  • 株式会社ちふれ化粧品
  • 株式会社スズキトラスト
  • 株式会社タムラ製作所
  • 株式会社光未来
  • 綾花
  • ジャパン・オーガニック株式会社

オフィシャルパートナー

  • ゆり皮膚科
  • 港トラスト税理士法人
  • 西武緑化管理株式会社
  • 株式会社やまもとくん
  • 千代田テクノエース株式会社

ホームタウン(協定都市)

  • 狭山市役所
  • 飯能市役所
  • 日高市役所

ウエアサプライヤー

  • 株式会社SVOLME

メディアパートナー

  • 株式会社ookami
  • 狭山ケーブルテレビ株式会社
  • 文化新聞